ブログ

大手不動産会社へ売却依頼するメリット・デメリット

photo

不動産の売却を決めると悩むのが、どの不動産会社へ依頼するか。高価なものだからこそ、売れ残ることも安値で叩かれることもなく、安心して依頼できる不動産会社へ依頼したいものですよね。不動産会社を選ぶ指標にも様々なものがありますが、不動産会社には「大手企業」と「地元の中小企業」の2つの種類があります。それぞれにメリットデメリットがありますが、今回は大手企業についてご紹介したいと思います。

大手不動産会社のメリット
全国にネットワークがある、情報量が多い
大手不動産会社の大きなメリットといえば、やはりネットワークの広さです。全国にネットワークがあるので、エリアの決まっていない買い手としては、様々なエリアの物件情報を比較して確認することができます。
また一般の人のイメージとして大手は物件をたくさん扱っているイメージがあるため、買い手もどんどん集まってきます。

ブランド力がある
情報量に並ぶ大手不動産会社のメリットは、ブランド力です。多くの一般の方は、耳にしたことのある大手不動産会社へとりあえず行ってみる、WEB上でチェックしてみるという行動をします。
ですから、あまりよく知らないけれど名前を聞いたことがある、様々な不動産ポータルサイトに掲載されている、といったこれが、人を集める大きな力となります。大手不動産会社に人が多く集まる理由は、こういったところにあります。
大手不動産会社のデメリット
売り出しのスピードを優先され、価格を下げられることがある
大手不動産会社では扱う情報量が多い分、1人の営業担当者が担当する物件も多くなります。
そのため、一つ一つの案件に時間をかけることができず、じっくりと探すよりも売主と交渉し、低い価格での売却を勧める傾向があります。
早く売れることよりも希望の条件や価格での売却を希望する売主にとっては、地元の不動産会社と比べ不利な立場となってしまう場合があります。
担当者の対応がドライである
先に書いた売却価格の値下げに通じるところがありますが、営業担当者が多数の案件を同時に進行するため、売主への対応がドライになりがちです。
また、条件によっては優先順位をつけられ、後回しとされる場合や、担当者が媒介契約がほしい為に相場より高い金額を提示する事があります。
一方で地元の不動産会社は一つ一つの案件にじっくり時間をかけ、親身になって対応する場合が多く、時間をじっくりかけて好条件で買い手を探したい場合には地元の不動産会社の方が合っている可能性があります。
限定したエリアの情報は地元企業に劣る
大手不動産会社は、広範囲のエリアへ情報を拡散する分、特定のエリアに限ったローカルの情報網は持っていない場合が多いです。
一方で地元の不動産会社は、その会社独自の人的なネットワークを形成している場合が多く、エリアを限定して買い手を見つけたい場合は、大手不動産会社では入手できない地元の買い手を見つけてくることができる場合もあります。
両手取引を行う場合がある
大手不動産で注意しなければならない問題の一つが、「両手取引」です。両手取引とは、一つの不動産会社が売却と購入の両方を仲介することです。両手取引を行う場合、取引が成立しやすいように、売り手の価格を下げるよう交渉する場合があります。
両手取引自体は違法ではありませんが、業者専用のデータベース「レインズ」へ故意に掲載しなかったり、物件への問い合わせがあって「既に申し込みがあった」と嘘をつき断ってしまうなど、囲い込みを行う場合があります。このように故意に情報を隠したり独占することは法律で禁じられているため、注意が必要です。
優良な不動産会社の見極め方

ここまで大手不動産会社へ売却依頼するメリットデメリットについてお伝えしてきましたが、大手不動産会社の良し悪しは会社によっても違えば、これから売ろうとする不動産の性質等によっても変わります。不動産会社を選ぶ際は、事前にその会社の強みや特徴をよく理解して訪問するのが良いでしょう。また、実際に訪問した際は、担当者がどのくらい親身になって話を聞くか等しっかり確認しましょう。

以上、今回は大手不動産会社へ売却依頼するメリット・デメリットについて比較してご紹介しました。
当社では、不動産仲介や売却をはじめ、老朽化した水回りや居室等の各部のリフォームからフルリノベーションまで、不動産に関する様々なご相談をお受けしています。
千葉市・習志野市・船橋市・市原市・四街道市等で不動産についてお悩みの方は、是非お気軽にご相談ください。

2019.03.29

ページ先頭へ