ブログ

安心して不動産を売るために。不動産売却の基礎知識

不動産を売ることは、人生にとって大きなイベントです。家を購入するときのように、事前に様々な情報を収集し、タイミングを見極めながら慎重に進める必要があります。特に不動産売買の初心者の方には、大きな不安を伴うことではないでしょうか。
今回は、そんな不動産を扱うことに不慣れな方にも安心して取り組める不動産売却の基礎知識をご紹介します。

なぜ売りたいのか?理由を明確にしよう

ひとことに不動産を売却するといっても、人により様々な理由があります。そんなこと分かりきっている、と軽く流さず、一度しっかり確認してみることをおすすめします。というのも不動産の売却は、目的や所持する不動産の特徴など、自分自身についてしっかり把握することが売却のタイミングを逃さないポイントとなっていくからなのです。
例えばいつまでに今住む家を売り新しい家に引っ越す等、明確な時期を決めていなかったり、この条件であれば売りたい等目的がはっきりしていないと、せっかく買い手が現れても、もっと良い買い手が現れるのではないとタイミングを逃し、延々と売却を引き延ばしてしまう場合があります。そんな事態を起こさないためにも、いつまでに何のために不動産を売却したいのか、必須の条件は何か明確にしておきましょう。

買い手のタイミング

不動産の売却を行う上で、買いてがどんな時期に不動産を必要とするのか知っておくことも重要です。どんな人に向けてどんなポイントをアピールして売るのか明確にすることで、買い手側から見ても最適な不動産が見つけやすくなります。具体的には、下記例のようなライフイベントの時期に買い手は不動産の購入を検討します。

個人的な理由
結婚や出産
転勤
子供の成長や独立
リタイア、移住
社会的な理由
税制の変化 (消費税増税など)
住宅購入支援施策の強化
ローン控除額の引き上げや金利の変動
不動産売却の流れ

不動産の目的や時期を確認したら、次はどんな行動をとれば良いのでしょうか。
ここでは、不動産売却の流れについてご紹介します。

売却の目的や期限を確認する
まずは、前述した形で不動産売却の目的や期限、条件を明確にします。
売却を依頼する不動産会社を探す
不動産売却において、依頼する不動産会社選びは非常に重要です。満足のいく取引ができるかどうかは不動産会社によって大きく左右されます。不動産会社を選ぶ際のポイントはいくつかありますが、まずは信頼できる会社を選ぶために、宅地建物取引業の免許を確認すること、また実績や行政処分の履歴がないかどうかを確認することです。こういった情報は行政庁で確認することができます。また、不動産会社により取引の得意分野にも違いがあります。目的に合う取引が得意かどうかについてもしっかり確認しましょう。
査定を依頼する
信頼できる不動産会社が見つかったら査定を依頼します。どの不動産会社に依頼したら良いかわからない場合は、一度のパソコン操作で複数の不動産会社へ査定を依頼することのできる「一括査定」を行うのも良いでしょう。その中で良い不動産会社を絞っていくという方法もあります。相場感覚を持つためにも、1社だけでなく何社か依頼することがおすすめです。また、査定結果を比較する際は、金額だけでなく売却プランや保証プランについても比べることが重要です。また、査定には「簡易査定」と「訪問査定」の2種類があります。簡易査定はあくまで概算となりますが、訪問査定では具体的な相場を知ることができます。
媒介契約を結ぶ
不動産会社を決定したら、媒介契約を結びます。媒介契約には「一般媒介契約」「専任媒介契約」「専属専任媒介契約」の3つの種類があります。指定流通機構(レインズ)への登録期日の日数や他社への仲介依頼の可否などそれぞれに特徴があるため、一概にどれが良い悪いというものはなく、自分自身の売却プランに合った契約を選定することが大切です。
売却活動を開始する
不動産会社により売買活動が開始されます。媒介契約により報告義務は異なりますが、一般媒介の場合は不動産会社に都度状況を確認しましょう。広告に対する反響の他、広告活動の内容についても確認しましょう。
売買契約を結び、不動産を引き渡す
買い手が現れたら、売買契約を調整していきます。価格の他、時期や様々な条件についても交渉します。後からトラブルとならないよう、物件情報を正確に買い手へ開示します。売買契約を結んだら、不動産の引き渡しです。代金の受領や登記申請を行い、現場に立ち会い建物のある場合は鍵を渡します。引き渡し後は税関係の申告も忘れずにしましょう。

いかがでしたか?以上、今回は不動産売却の基礎知識についてご紹介しました。
Hale・CORPでは、不動産仲介や売却をはじめ、老朽化した水回りや居室等の各部のリフォームからフルリノベーションまで、不動産に関する様々なご相談をお受けしています。
千葉市・習志野市・船橋市・市原市・四街道市等で不動産についてお悩みの方は、是非お気軽にご相談ください。

2018.08.31

ページ先頭へ