ブログ

ブログ

  1. photo
    知って得する!不動産購入のメリット
    photo

    不動産の購入には興味があるが、なかなか動けずにいる。結局賃貸とどちらが良いのかわからない。という方は意外に多いのではないでしょうか。不動産購入は人の年代や環境により動機も様々です。一生物の買い物だから、自分自身の場合についてよく考え、後悔のない決断をしましょう。今回は、迷える方々のための不動産購入のメリット・デメリットについてご紹介したいと思います。

    年代別に比較する不動産購入

    冒頭でも少し触れたように、不動産購入を検討する人の状況は様々です。しかし、自分と全く違う年代や環境の人の購入理由や経験を聞いてもなかなか自分の場合の参考にすることは困難です。そこで今回は、年代別に不動産購入について考えてみましょう。

    20代の不動産購入

    20代での不動産の購入というと、思い切った決断という印象があります。しかし20代のうちに結婚や出産等の人生の大きなイベントを通過した人は、購入を検討している人もたくさんいます。また、独身でも将来を見据え、早くから資産となる不動産の購入を検討する人は増加傾向にあります。実は、20代という若いうちに決断するからこそ、得られるメリットもたくさんあるのです。それでは、20代のうちに不動産を購入するメリット・デメリットをみてみましょう。

    20代で購入するメリット
    ・長期のローンを組むことができる
    ・収入の少ないうちに計画を立てるので、余裕を持った返済計画が立てられる
    ・返済期間が早くに終わるため、老後資金の準備に余裕ができる
    ・賃貸支払いの期間が短いため、住宅のために支払った分で不動産の資産が持てる
    ・若く健康なうちにローンを組むことができる
    ・親族からの資金援助が受けられる場合がある
    20代で購入するデメリット
    ・今後のライフプランが定まっておらず、結婚・出産による家族構成の変化や転勤・転職等、住宅に関わる大きな変化がある可能性がある
    ・収入が少なく頭金が少額の場合、価格の高い物件が購入できない

    20代での購入の場合、人生の先が長いためどうしても不確定要素が多くなります。解決策としては、大きなライフタイムイベントが起こった場合等は新しい物件へ住み替えたり、家族が増えた場合を見据えワンサイズ大きい家を購入しておく等の方法があります。また、頭金が少ない場合でも親族からの資金援助が受けやすいのも、20代のメリットといえます。

    30代の不動産購入

    20代に比べ、ライフプランがある程度確定する人の多い30代。一般的にもやはりこの世代で不動産の購入を検討する人が多く存在します。仕事での昇進があったり、貯蓄も増えてきたりと経済的にも少し余裕のできる世代でもあります。それでは、30代のうちに不動産を購入するメリット・デメリットは何でしょうか?見てみましょう。

    30代で購入するメリット
    ・ライフプランの不確定要素が減るため、将来のビジョンが立てやすく、住み替えの必要性が減る
    ・長期のローンを組んでも定年までに完済できる可能性が高い
    ・収入や貯蓄があるため十分な頭金を用意できる
    30代で購入するデメリット
    ・子供のいる家ではローンに加え養育費の負担がある
    ・仕事では昇進、家庭では子育て等により忙しい人が多く、住宅計画に時間をつくるのが大変

    30代は今後の人生の不確定要素は20代に比べ減りますが、ローン以外の支払いが増えたり多忙な世代でもあります。資金計画やスケジュールの管理をしっかり行うことが、失敗のリスクを減らすポイントです。

    40代の不動産購入

    40代以降で不動産を購入するというと、少し遅いのではないかという印象を持つ人もいるかと思います。でも実は、40代には40代にしかない不動産購入のメリットもあるのです。それでは一体どんなメリットがあるか見てみましょう。

    40代で購入するメリット
    ・ライフプランがほぼ定まっている。例えば子供が独立し夫婦のみの構成であれば、それに合わせた必要十分な家をつくることができる
    ・頭金を多く用意することで、返済期間を短縮できる。また、返済期間が短いので、支払う金利も少ない
    ・老後の建て替えの必要性が少ない、老後に新しい設備を使用することができる
    40代で購入するデメリット
    ・借り入れできる額が少ない

    40代は、将来の計画がしやすい反面、どれだけ貯蓄ができているかで不動産購入のしやすさが変わります。早い段階からしっかり資金計画を行うことが、不動産という資産を持つポイントです。

    参考に、賃貸と比べた不動産購入のメリットについても簡単にご紹介します。
    ・資産として残すことができる
    ・改築やリフォーム等、自由に手を加えられる
    ・賃貸に比べスペックの高い物件に住むことができる
    ・不動産を持つことで、社会的な信用を得られる

    年代や環境によって様々な選択肢がある中、後悔のない決断をするためにも、自分自身についてよく検討してみましょう。また自分だけではうまく整理できない、客観的な意見が欲しい、という方は一度専門家に相談してみましょう。もちろん、Hale・CORPでもご相談をお受けしています。

    以上、今回は不動産購入のメリット・デメリットについてご紹介しました。
    当社では、不動産仲介や売却をはじめ、老朽化した水回りや居室等の各部のリフォームからフルリノベーションまで、不動産に関する様々なご相談をお受けしています。
    千葉市・習志野市・船橋市・市原市・四街道市等で不動産についてお悩みの方は、是非お気軽にご相談ください。

ページ先頭へ